保湿化粧水 ランキング

MENU

低刺激な保湿化粧水

保湿化粧水などの基礎化粧品は、直接顔につける化粧品です。顔は他の肌に比べても皮の厚さが薄いので、比較的影響がでやすいと言われています。

 

保湿化粧水の成分があえば、肌の保湿は目に見えて改善されますし、成分があわなければ、肌の改善が見られないばかりか肌トラブルを抱える可能性だってゼロではありません。

 

事実、保湿化粧水を選ぶポイントとして、多くの方が「低刺激なもの」を選ぶ傾向にあります。普段は大丈夫な人でも、ちょっとしたストレスで敏感肌に変わる可能性はあるのです。

 

刺激が多いか少ないかを判断する上で参考になるのは、天然由来成分か化学成分かということ。もちろん低刺激なのは天然由来成分のほうです。敏感肌の人は、天然由来成分の保湿化粧水を使いましょう。

手作り保湿化粧水を作るときの注意点

現在は、合成界面活性剤の入っていない無添加の化粧品が流行っていて保湿化粧水などを手作りして使っている人は多いです。

 

手作り保湿化粧水のよいところは、自分の肌に合わせて保湿力を調整できるということで、デメリットは日持ちしない、材料費が少し高いということですが、肌のことを考えるとお金には変えられない部分もあるので何を試しても保湿しないという人は手作り保湿化粧水を作ってみてください。

 

保湿成分として定番なのがグリセリン、ヒアルロン酸、セラミドです。保湿成分の多くは人間の体に蓄えられている物であり、グリセリンなども体の中にある成分でアレルギーが出にくいといわれています。

 

しかし、保湿成分を化粧すりに入れすぎると逆に水分を吸い取って肌が乾燥することがあるので、最初は少量で試して自分の肌に合う濃度を見つけて作っていきましょう。